メインイメージ画像

自治体は地元の民間企業からドライバーを派遣してもらい人件費を抑えています

法律の規制があった為、以前は、ドライバーを派遣することは、できませんでした。しかし最近は、規制緩和の流れで法律の改正がなされ、会社所有の車やバスのドライバーの派遣をすることが、できるようになりました。例えば、企業の重役に高級セダンが割り当てられることが多いですが、今まではこうしたドライバーは、会社が雇っていました。でもこれでは人件費が発生するため、コストがかかりますので、コストの削減ということで、ドライバーの派遣を受けることになったのです。こういった、重役用の車のドライバーとして派遣される多くが、タクシー会社へ勤務しているハイヤーの運転手です。

ハイヤーの運転手であるのなら、マナーもわきまえていますし、運転マナーもきちんとしているので、企業は安心して運転を任せられます。タクシー会社も車を手配せずに売り上げが増えますので、とても儲けが出るビジネスだといえます。

その他に、自治体がバスの運転を派遣のドライバーに任せる場合もあります。例えば、養護学校などでは、スクールバスが運行されていますし、田舎でも生徒の通学にバスを準備している地域もあります。

このような場合、自治体はバスのドライバーを雇う必要がありますし、バスの維持するのも大変です。そこで、地元の民間企業からドライバーを派遣してもらって、運転を任せます。そしてバスの整備等の管理も、バス会社に依頼します。そうすることで、自治体はドライバーの人件費の抑えることができますし、バスの維持管理という煩わしさから解放されます。

バスの運転は厄介で、事故が起こると大変ですが、バス会社のドライバーはしっかり訓練していますし、安全運転ですので、任せても安心です。このようなバス会社やタクシー会社は、しっかりとした保険に入っていますので、不慮の事故が起こった時でも安心です。

けれど、運転代行などの会社は、小さな零細企業が多いために、保険に入っていないこともあります。前述のような会社は、もし事故を起こしてしまうと大変ですので、配慮して運転手の派遣をお願いしたほうが良いと思います。